凧揚げ 起源

凧揚げの起源はお祝いごと

凧揚げ,起源

現在ではお正月の遊びとして有名な「凧揚げ」ですが、昔は遊びとして行われていませんでした。今回は、あまり知られていない凧揚げの起源や、役割の紹介です。まず、日本の凧のルーツは、中国からやってきたものだと言われています。中国、あるいは韓国では、占いや戦などの様々な場面で凧が使用されてきました。例えば、盗賊による被害を受けていた地域で、凧揚げを行って危険を逃れようとしました。その結果、凧を揚げた地域は盗賊の被害を免れ、その他の地域は盗賊の被害を受けたといいます。このように、遊びとは違った方法として行われていたのです。 そんな凧揚げが日本にやってきたのは、江戸時代です。江戸では、貴族の男の子が生まれたお祝いとして行われ、遊びとしての役割は持っていませんでした。その後、一般的な庶民の間へと広がっていき、大人から子どもまで楽しめる遊びとして行われるようになったのです。そして、今年一年元気に過ごそうという願いも込められており、願いを凧に乗せて天に届けるといった意味も持っています。凧揚げの歴史や起源には様々なものがあり、変化を遂げて現在の形になっています。ただ遊ぶだけではなく、背景を知ることでより興味を持てるでしょう。 409

凧揚げの意味を知っておきたい

凧揚げ,起源

凧揚げは、もともとは中国から伝わったと言われています。 日本では、江戸時代に入ると子供の誕生日祝いとして、凧揚げを行うようになり、新年の遊びとして定着をしています。 以前の日本は、立春が旧暦になっていたので、新年からすぐに凧揚げを行うのが風習になっています。 凧揚げの意味は、立春に空に向かうと良いと言われていることから、幅広い年代の方の遊戯になっています。 現代は、伝線に凧がからまるなどの影響で、お正月に凧を揚げている子供はあまりみかけなくなりましたが、一部の地域では凧揚げ大会が行われており、お子様から大人の方まで参加することができます。 1960年代から、1980年代に掛けて、数多くのデザインの凧が販売されており、高く飛ぶ商品は大変人気がありました。 現代でも、風向きの良い公園や河原などで、凧を揚げて遊んでいる家族連れもおられます。 風に乗っている凧を揚げていると、とても楽しく気分をリフレッシュできるので、幅広い年代の方の娯楽になっています。 凧を揚げるのに関心を持っている方は、市販の商品だけでなく、こだわりのある手作りのものを揚げる方も多いです。 江戸時代以降は、大人から子供まで楽しめる娯楽になっています。

人気のおせちは、おせち 予約で!!

更新履歴