債務整理の費用が用意できない場合

債務整理にかかる費用は数万円から数十万円が相場になっており、いずれの場合も借金をしていて困っているということが前提となって発生する報酬金額になるので最初から支払うお金を持ってないのが普通です。

他の案件であれば法律事務所に依頼して問題解決をしてもらうことになると事前にお金の支払いなどが必要になるのが普通ですが、借金問題については異色で前払いのお金が必要ではないところも多くなっています。

任意整理や民事再生のように一定の収入を得ていることが前提となって適用される債務整理なら収入に応じて支払金額の提示などをしてもらうことができるので、債務整理でかかった費用についても管理をきちんとしていれば返せないことはありません。

一方で、自己破産については仕事をしてない状態の人も少なくないので自己破産に多額のお金がかかってもその後に債務整理にかかった費用の支払いをしていくことがむずかしいという状態になる人もいると思います。

このような状況下に自分がなると想定される場合はやはり相談をしてから自己破産をするかどうかについて考えていくことが大事です。

悪質な弁護士の中には闇金と繋がっていて闇金から借りさせようと仕向けてくるところもあるので信頼できる法律の専門家探しも必要です。

債務整理費用ランキング

自己破産にかかる費用

借金整理の中でもっともペナルティが大きく、そして唯一借金放棄ができる方法となるのが自己破産による方法で、どれだけ多額の借金をしていても適用されると借金がリセットになるので再起を図ることができます。

自己破産をすることでブラックリストに名前が入ることになるため新しくお金の借り入れをすることは出来なくなってしまいますが、それだけでなく所有している住宅や車、資金がある場合は没収の対象になります。

借金を作った原因によっては自己破産が適用されないこともあるので、まずは弁護士や司法書士などに相談をして自分の借金の状況で自己破産をすることが出来るのかということを確認してから自己破産の検討を進めていく流れになります。

自己破産をすると費用も数十万円という単位が必要になってくるので、これから破産をする人にとって当然ながら払うことができないというのが気持ちになると思います。

これについては自己破産の手続きを進めていく法律の専門家も了承済みであり、自己破産が終わってから無理のない範囲で自己破産にかかった費用を分割で支払うことを提示してくるので本来ならこれに沿って完済することができるはずです。

自己破産にかかる費用をきちんと確認してから依頼するようにしましょう。

債務整理の費用が払えなくなる場合

債務整理にかかる費用は借金整理が終わってから依頼した法律専門家に分割払いという形を取る人が多くなっています。私も借金で困っていて催促などもかなりきつかったので、すぐに弁護士に相談をして債務整理の手続きをしてもらうことにしました。

債務整理のことはまったくわからなかったのですが、法律のプロにすべて任せて債務整理までの流れを作ってもらったのでとても安心でました。そして債務整理が終わったところまでは良かったのですが、それからかかった費用を分割払いにする中で雲行きが怪しくなってきました。

分割払いができなくなってしまって再び借金問題に苦しむことになってしまったのです。
見放されてしまうのかなと思って前に債務整理をした弁護士の方に相談しに行ったのですが、債務整理は一人一回という決まりはないので要件を満たせば再び借金整理ができるとのことでした。

でも、それだとさらに自分が置かれている環境は悪くなることが想像できたので支出を減らして債務整理にかかった費用を少しずつ返していくことに決めました。

分割にしてもらうことに甘えを持つのではなく、これまでと同じようなことを繰り返さないためにできることを常に考えることが大切だと改めて思いました。